仮想通貨」って知ってますか?
聞いたことがある人、聞いたことない人いると思いますが、
今回は、仮想通貨とは何か調べてみました。

未来のお金になりうる最新技術をもった仮想通貨。
投資初心者の方でも簡単に投資ができますので、ぜひみてください。



仮想通貨

1-1.仮想通貨とは?仕組みを簡単に紹介

仮想通貨とは、
ブロックチェーン」という技術を用いて成立している価値の保証を持たない電子通貨のことです。

経済学者のサトシナカモトという正体不明の人物の論文から、
有名な「Bitcoin(ビットコイン)」が誕生しました。

そもそも「ブロックチェーン」とは、ビットコインの取引データ技術のことを言います。
取引データ、履歴を「トランザクション」と呼んでいますが、
複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と呼んでいます。
このブロックを連なるように保存された状態を「ブロックチェーン」というのです。

この「ブロックチェーン」の特徴は、
特定の場所で管理されているのではなく、分散して管理されていることです。
みなさんが利用している銀行のように特定の管理機関がないため、
システム障害にも強く、低コストでサービスを運用できるので金融機関などで期待されています。

また、「資金決済法」で金融庁にも認められているため、今後未来のお金として注目を集めているのです。

1-2.仮想通貨のメリット・デメリット

仮想通貨にもメリット・デメリットがあります。

メリット

⑴ 仮想通貨に投資した場合、資産が何倍にもなる可能性が有る。
 → 仮想通貨は、価格が毎日上下しています。利用したい人が増えれば価値が上がるため価格は上がり、利用したい人が減れば価値は下がります。低い値段の時に購入し、高い値段の時に売却する。そうすることで、資産を何倍にもすることが可能です。

⑵ 送金スピードが速く、現在の送金手数料と比べてもとても安い。
 → 現在の送金のスピードと比較できないくらい速く、手数料も安いです。たとえば、海外に住む家族に送金をする場合、何日もかかっていた送金を一瞬で送金が完了し、手数料も数千円かかっていたものが、数円で送金できるのです。すごい技術ですよね。

⑶ 海外に行く際に、仮想通貨で決済可能だとわざわざ通貨を両替しなくて済む。
 → 全世界で使われている仮想通貨ですので、わざわざお金を国ごとに両替しなくていいのです。買い物もかんたんになります。


デメリット
⑴ 仮想通貨自体をハッキングなどから盗まれる可能性が有る。
 → 仮想通貨は取引所で購入できますが、取引所に置いておいたままだと取引所が白金がされた際に盗まれる可能性があります。実際に世界中だけでなく日本でもハッキングの事件があり、大きな話題となりました。仮想通貨自体が悪いのではなく、保管方法に問題があるため自分でウォレットを用意し、保管すればなにも心配ありません。

⑵ 決済システムのため、電気や端末がないと使用できない。
 → 仮想通貨は決済システムを使うので、電気や端末がないと使用できません。しかしビットコインの「デビットカード」も発行されているので、クレジットカードと同じ要領で決済も可能です。

⑶ 仮想通貨は毎日値動きをしているので、損をする可能性もある。
 → メリットにも書きましたが、仮想通貨は価格が毎日上下しています。当然儲かる場合もありますが、損をする場合もあるので注意が必要です。

1-3.仮想通貨の種類

仮想通貨は世界で1500種類あると言われています。
そのなかで仮想通貨の王様と言われているのが「Bitcoin(ビットコイン)」です。
そのほかに、金融商品の決済や送金に使われる目的がある「Ripple(リップル)」、
世界で2番目に古い仮想通貨「Litecoin(ライトコイン)」など
さまざまな用途に特化した仮想通貨が多くあります。

1-4.仮想通貨を購入できる取引所

仮想通貨を購入するには取引所で購入しないといけません。
日本の取引所は、金融庁の登録が完了しているところで12取引所あります。

ぼくが仮想通貨をよく購入する取引所は、「bitbank」というところです。

スクリーンショット 2018-10-06 23.59.47

「bitbank」は購入する際、手数料がかからず購入できます。

セキュリティーも充実しており、
システムを複数層に分けて保存しているため外部から遮断しています。
そのため内部への侵入を実質的に不可能にしている環境なため、ハッキングもできないのです。

またスマートフォンのアプリもあるので、簡単に購入することができます。

以上のことから、ぼくが仮想通貨を購入するときは「bitbank」を使用しています。

1-5.仮想通貨って税金がかかるの?

仮想通貨の取引で利益が出た場合、雑所得として分類されます。
そのため20万以上の利益が出た場合、確定申告が必要になります。注意しましょう。
また仮想通貨の取引で得た利益にかかる税率は総合課税となっているため、
自分の他の収入と合算して税金がかかるのです。

所得税と控除額は以下の通りとなっています。


課税される所得金額所得税率控除額
195万円以下5%¥0
195万円ー330万円以下10%¥97,500
330万円ー695万円以下20%¥427,500
695万円ー900万円以下23%¥636,000
900万円ー1800万円以下33%¥1,536,000
1800万円ー4000万円以下40%¥2,796,000
4000万円超45%¥4,796,000


この所得税に加えて住民税が一律10%かかります。

簡単な例にすると

収入が600万円の方が、仮想通貨の取引で利益100万円出した場合、
収入の合計が700万円となるので、税率は23%、控除額は63万6千円となります。
所得税は、(600万円+100万円−63万6千円)×23%(税率)=146万4千円
住民税は、(600万円+100万円)×10%(税率)=70万円となり、
合計金額は、146万4千円+70万円=216万4千円の税金がかかることになります。

また、仮想通貨の取引益だけでなく、ビットコインを使用し他の仮想通貨を購入したときも税金が発生しますので、注意が必要です。
なにか不明な点があれば、最寄りの税務署に相談することをおすすめします。

1-6.ジョージ厳選!おすすめ仮想通貨

世界には多くの仮想通貨が存在します。
その中で、ぼくがおすすめする仮想通貨は「Ripple(リップル)」です。

スクリーンショット 2018-10-07 0.05.18

リップルは今世界中の金融機関100社以上と提携を結び、将来的に使われようとしています。
送金スピードや送金手数料が、現在の技術と比べ、とても早く注目の仮想通貨です。
日本の取引所でも購入することができ、日本人にもとても人気があります。

リップルの価格は現在50円前後ですが、
将来的に「3,000円」「10,000円」など多くの予想がされています。
仮に3,000円になった場合、現在より60倍、10,000円になった場合、現在より200倍です。

夢がある通貨なので、ぜひ購入してみてください。


いかがだったでしょうか。
ぜひみなさんも始めてみてください。

Twitterもやっています。
ブログのことだけでなく、
話題になっていることや(自称)プロバニラアイサーとして活動しているので
バニラアイスの紹介もしています。ぜひフォローしてください。



 


スポンサードリンク